2018年12月16日日曜日

画像解像度に要注意!

シルクスクリーン、せっかくなら綺麗に刷りたい!
刷るときに気をつけたいことももちろんありますが、その前に…
原稿を作る過程から要注意⚠️なことがあります!
それは、「画像解像度」

画像解像度ってなに?~
画像の密度を表す数字のことで、画像のきめ細かさを表します。
数値が高いほど綺麗に見えるデータということ。
反対に、数値が低いと粗いデータになります。

画像データを刷るときは、
画像解像度の数値によって仕上がりがかなり変わるということ!
いったい、どれくらい変わってしまうのか😞


くまさんのイラストで実験してみます~!!!

画像解像度の設定は、Photoshopだと「イメージ」から確認することができます。


入稿するときは、原寸サイズで300dpiに設定しましょう!!!

画像解像度の数値ごとにイラストを比較してみると↓こんな感じ
数値の低い左側のほうが、右側に比べてぼやっとした輪郭にみえますね。
50dpiのイラストを拡大してみると…



ガビガビだー!!!!!
滑らかさのかけらもないです…。
そして、真っ黒ではなくグレーがかっている箇所がありますね。

このグレーの箇所は綺麗に製版できません!
⚠️製版時に、網点(ドット)になってしまいます。⚠️

では、実際に刷ってみます!
まずは300dpiから。

はい、綺麗!ほとんどデータ通りに刷ることができました~

では次!100dpi

輪郭がギザギザに…。データがグレーになっていた箇所、少しドットが出ていますね。
特にテキストのフォントはすでにボロボロ…

最後!50dpiがこちら!!!
うわあ~!これはもはや違うデザインのようになってしまいました。
ガビガビです。文字の部分は別のフォントのよう…。




拡大してみると、めちゃくちゃドットの主張が強い…。

左 300dpi/右 50dpi

比較するとこんなに違う!

画像データを入稿するときは原寸サイズで300dpiに!
ちなみに、入稿はai/psd/pdf/jpgデータもしくは紙原稿でお願いします。
いちばん綺麗なのは、ai形式のパスデータですよ~

ご自宅で紙原稿をスキャンする!という方も、その際は高解像でお願いしますね!


画像解像度をマスターして、楽しくシルクスクリーンで遊びましょう~😊

2018年12月9日日曜日

印刷可能範囲はギリギリまで使っていいの?

『印刷可能範囲って、周りに余白残した方が良いですか?』
よく質問があります。フレームから余白は欲しいですよね。
印刷可能範囲は、SURIMACCAのフレームに貼った時に余白が出るように設定してあります。
※販売しているアルミフレームも対象です。

ですので、印刷可能範囲いっぱいにデザインを作っていただいて問題ありません。
例えばXSサイズ(印刷可能範囲:80×80mm)
データはコチラ↓

80×80mmいっぱいに配置しました。
フレームにセットするとこんな感じ↓


絵柄から、フレームまで余白があります!
ただし、真っ直ぐ貼る事がポイントです!
絵柄が真ん中にくるようにしてくださいね。

ゴムを入れる時に、一部に力が入っているとそこに寄ってしまうので注意⚠
↓こんな感じで方側に寄ったりしないようにして下さいね💦

SURIMACCAには横長XSサイズがあります。
\印刷可能範囲は80×200mm/
刷る時に、注意したいのが長辺です!↓
200mmギリギリまでデザインがあると…

デザインがいっぱいだと、スキージーの幅もギリギリになるので
作業中気を付けて下さいね。

短辺を刷る時も、版をセットする際に寄ってしまうと
フレーム、ギリギリになるので気を付けて下さい!↓
フレームに近くなりすぎると、
力が均等に入らないので手前だけカスレてしまったりします…

幅は200mmいっぱいのデザインにしたい場合は、XSサイズでもおさまるけど、
作業しやすいようにあえて大きいサイズに配置してもOKです!

例えば、80×200mmいっぱいのデザインを作ったとして、
あえてSサイズ(200×200mm)の中心に配置します。
※外の線がSサイズ(200×200mm)です。
こうすると版を張る時、多少寄っても余白が十分にあるので作業しやすくなります。
こんなに余白が!
張る時に神経質にならなくて良いので楽です!笑
(ズレなく真っ直ぐ張るのって意外と難しい…)
刷る時の余裕が違いますね。インクがベターっとフレームに付くのも軽減出来ます!
※掃除が大変ですよね…マスキングテープでカバーして下さいね。

同じ要領で、200×200mmいっぱいのデザインを刷る時も、
あえてMサイズに配置するのもOKです!↓こんな感じ。
上下にしっかり余白が出来るので、


上下に余白があるだけでかなり楽です~~!!
フレームも汚れにくい!!!

検証結果、印刷可能範囲はギリギリまで配置してOK!
ただし…版を真っ直ぐキレイに張る事☝が絶対条件です。

ちょっと不安な方は、印刷可能範囲ギリギリより少し余裕をもっていただくと安心です😊

しっかりと余裕が欲しい!フレームをなるべく汚したくない!方は
あえて大きなサイズを選択して小さなデータを送っていただいてもOKです。

製版のサイズが一つ大きくなると価格も上がりますので、お好みの方を選んでくださいね!

2018年11月26日月曜日

シルクスクリーンで年賀状を作ろう!⑦

年賀状、一人一人メッセージを書きたいけど時間が無い…
多色刷りしたいけど、もう時間が無い…

あるあるですよね。笑

そんな時は!一つの版でカラフルに見せてベタの絵柄にしちゃいましょう!

今回のデータはこんな感じ↓
いのししめちゃくちゃ使いまわしてるじゃん…そんな声が聞こえてきそうですが…笑

コレだけ全面ベタなので、ハガキサイズにぴったり刷るのが難しいかな…
と、思いザっと刷って後から紙をカットしよう✂作戦
(ハガキよりちょいおさまるくらいのベタが更に楽かも…)

時間が無いけど、カラフルにしたい!そんなワガママを叶えるのが
マーブルです!

ネオンピンク×イエロー
ズサァァァ
わ!こんな感じか!インクの置き方って大事ですね。
難しいけど仕上がり見るのが楽しいです👀

そのままもう一回ズサァァァ!!
わわ!!めっちゃ色が混ざります😲
そう!マーブルは1回目がそれぞれの色が発色してキレイなんです。

刷っていくうちに、蛍光オレンジのような色が出来上がったので
そのまま活かして次に使います👐
版を洗って違う色で刷ります。
さっき出来上がった蛍光オレンジ(笑)×ラムネ
ドット状に置いてみました。
ズサァァァ
実は上側にインクが足りず、ちょっと上からなぞりました😂
そして続けてもう一回刷ります。
わわ!!ちょっと汚い!笑
混ざった色がなんとも言えない色してますね…
同系色の方が良いかしら…さて、版を洗って次!
混ざってもキレイなんじゃないか?!なブルー系!
散らしてみました!なんなら服や机にも飛んでしまいました…😢
散らすの楽しいけど十分気を付けて下さい…
ズサァァァ
お。なんかアート感あるかも…ドキドキ
おぉ~!散ってますねインク!
上側がまたインク足りてなかったです(勉強しろ…)
気を取り直してもう一度!
同系色なのでいい感じに混ざります。
3回目。同系色は混ざってもそれほど汚くならない印象です!
さて、版を洗って続きましては…
蛍光グリーン×Mori
さっきのブルー系の仕上がりが草原ぽさ出せそう…と思いチャレンジ!
ズサァァァ
お。なんだか迷彩っぽい!
そしてまた右上が…😢スキージーの持ち方の癖で右側が浮いてますね💦
そんな時はホルダーを使うと両手でしっかり刷れて良いですよ!
(お前が使えよ!の突っ込みが聞こえてきそうですが…笑🙉)
蛍光色×同系色はそれっぽく混ざります。ふむふむφ(..)メモ

版を洗って次~!
ネイビー×ラベンダー
ボーダー柄とか可愛いのでは?!
ズサァァァ
お!ボーダー!
…そして右上…(冗談は顔だけにしてよね…🙈笑)
すみません…ちゃんとホルダー使います(反省)
はい!もう一回!
ネイビー強!!!
濃い色には大分飲み込まれちゃいますね…

乾いたらトリムマークに沿ってカットしていきます!
カットすれば完成~~!!

一つの版で色んなパターンの仕上がりになりました~!
マーブルは1つとして一緒の仕上がりになりません!
思わぬ仕上がりに新しい出会いがありそうですね😊
刷ってめくるのが楽しい作業でした👏
皆様も是非、マーブル楽しんでくださいませ~~!!

年賀状早めに取り掛かりましょうね👌(自分にも言い聞かせてます😂)